中電工(1941)は、株式会社日本政策投資銀行(東京都千代田区、DBJ)との共同出資により、設立した特別目的会社CHUDENKO ASIA PTE. LTD.(シンガポール)を通じて、RYB Engineering Pte. Ltd.(シンガポール、RYB社)の発行済株式70%を取得し、連結子会社化した。

 

中電工は、2011年以降マレーシアに現地法人を設立し海外事業に取り組んでいる。

RYB社は、シンガポールにおいてデータセンター工事を手掛けている。シンガポール国内において、技術力で高い評価を得ている。

本件M&Aにより、中電工は、RYB社の優秀な人材や優良顧客が獲得し、東南アジアにおける事業拡大を目指す。

 

元記事はこちら