住宅・不動産・設備工事業界について

買収企業は、最近の不況でもあるのでしょうか? M&Aで会社を買いたいという話は景気がいいときだけの話ではないでしょうか?
A

閉塞感を打破し、新たな成長戦略として買収を積極的に検討する企業が増えています。
多くの企業において既存事業だけでは成長シナリオを描きにくい中、新たな成長戦略の一環としてグループ経営を行い、相乗効果(シナジー効果)を狙える買収を希望する企業も増えております。

当社の主催する「経営者のためのM&Aセミナー」出席者の方の多くは買収をご希望される方(買い手サイド)が多く、当社のご対応させていただくM&A個別相談でも過半数が譲受け(買収)ニーズです。

「リーマンショック」のような非常に大きな経済ショックがあると会社を買いたいという意欲が一時的に縮んだことはありましたが、現状「会社を買いたい」という企業は増えております。